スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」を言いたくて

以前「仮縫い」という題名の文章を書いた際
整理収納アドバイザー仲間のpepeさんから一通のメールをいただきました。

pepeさんは3年前にお母様を亡くされたそうですが
私が書いた「仮縫い」を読んで、ご自身が高校生のときのことを思い出されたと…
やはりpepeさんのお母様も洋裁をされていて、
仮縫いをしてもらったときのお母様の手のほわっとした感じや暖かさを思い出して
涙が出てきたと…
そして私に「ありがとう」と…

歳のせいで年々ゆるくなっていく涙腺。
このメールをいただいて涙が溢れてしまう自分。
お互い母親の深い愛情に包まれて育ったことに感謝しましょうと結んでありました。


先週の金曜日に実父が肺炎で入院しました。
「危ないかも知れないから覚悟をしておいて」と兄から電話で告げられたとき
気が動転してどうしていいかわからず子供のように泣いてしまいました。
母に厳しく育てられた私は、父のことを思い出すとき優しくされた思い出ばかり。

たくさんの「ありがとう」をまだ言えてないのよ。

毎年7段のお雛様を飾ってくれたのは父でした。
お嫁に行くその歳まで、ずっとずっと父は飾ってくれました。
お雛祭りが終わると全て綺麗に片付け押入れにしまうのも父でした。
自分で娘を持ち、7段飾りを贈ってもらいましたが
全部飾ってやったのはほんの数年。

7段あるひな壇は組み立てるのも大変なのよね。
それぞれ手に持たせるお道具の小さくて扱いにくい事といったら…
ひとつひとつ和紙に包んで丁寧にしまう作業の面倒なこと…
それをあなたは毎年毎年必ずしてくれました。
決して広い家ではなかったのに。

人口呼吸器を付けて頑張っている父。
高齢ですから回復は難しいと言われていますが
どうか「ありがとう」の言葉を理解できる日が再び来ますように。



スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。