スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にできること、自分にしかできないこと

「どうやってコジマジックさんと知り合ったんですか?」
「どんなきっかけがあったんですか?」

お仕事の現場で、初めてお会いするかたから必ず訊かれる質問です。

整理収納アドバイザー1級を持つ人だけが交流できるSNSがあるのですが
関西のTV番組のロケが東京で行われるので手伝ってくれる人はいませんか?
そんな一文を見つけて、すぐに立候補しました。
2009年のことです。

その頃の私は資格を取ったものの、
「自分ができること」「自分にしかできないこと」が見えずにもがいていました。
収納は大好きだけど、「整理」に対して意識が薄かったこと。
現場経験は長いけど、独りよがりでずっと作業してきたこと。
場数は踏んでいるのに、広く浅くしか関わっていなかったこと。

考えてみたら、ひとりでやっていけることなんかひとつもなかったのです。

でも…自信を持って「できます!」と言えることもあった。
それはどんなに壮絶な現場に遭遇しても決して怯まないこと。
整理収納の現場はきれいな仕事ばかりではないけれど
これはいや…とかこれはやりたくない…とは絶対思わない自信があったのです。

現場には黙々と作業に勤しむひとが必ず必要なはず。
この募集を見たとき「私に向いている仕事なのではないかな…?」
そんな勘が働き「やらせてください」と即、掲示板に書き込み
その日から何件の現場に同行させてもらったか、もう数え切れなくなりました。
できないことを「できるふり」をして背伸びしていた若い頃だったら
きっとこの出会いはなかっただろうなぁ…

自分にできること、自分しかできないことを見極めるのは結構難しい。
「自分がご機嫌でいられること」を最重要視する私には
これからの人生においてもずっと考えなくてはならないことなのです。

←おばちゃんに、どうぞ応援のクリックを
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。