スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みました

最寄の駅近くに「ブックオフ」ができました。

しかも駅に行くときは必ず前を通るので、
電車の中で読むための本を忘れてきても、105円出せば調達できるのです。
ありがたいことです。
100円だと半身浴にも気軽に持って入れますからね。
私は途中で眠りこけてしまって本を浴槽の中に落とすことがよくあるのです。

一昨日も入り口に吸い込まれるように入り、三冊の本を購入しました。
315円也。       ↓

         肩越し

唯川恵さん。
東京女子書評部←で名前を聞いてから、無性に読みたくなり
行き帰りの電車の中と昼食をとったファミレスで一日で読み終えました。
今まで一冊も読んだことがなかったので、とても新鮮でした。
淡々としているのに、頷かずにはいられない表現がちょこちょこ出てくる。

「男が結婚しているという事実はどこかで安心感を連れてくる」
ん~なんて絶妙な言葉の運び方。

三度結婚し三度離婚するわがままで奔放な女性が出てくるのですが
何故かとても小気味いい。

「どんなに落ちぶれても我慢強い女にだけはならないでおこう」
と言い切る彼女は
「我慢している女はみんな貧乏臭い顔をしている」とおっしゃる。
う~ん、小気味良い。

だって大人がわがままを通すことほど難しいことはなくはないですか?
みんな大人になってからはわがままは言わなくなるのです。
我慢してしまうことの方がよっぽど「楽」ですから。
みんな自分を守るために楽な方へ流れていってしまうのです。


対照的なふたりの主人公の女性に共感したり反発したり
100円でたっぷり楽しませていただきました。
さらっと読めるのでこれから一冊ずつ買って読みたいと思います。

←励みになります、どうぞ応援のクリックを
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。