スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あげっぱなし

美容院で読んだ若い女性向けの雑誌で
瀬戸内寂聴さんのメッセージを読みました。

「愛情はあげっぱなしでいいのよ」

最近の女性は6~7の愛情を与えたら、12帰ってくることを望んでる。
愛情なんてあげたままで終わりでいい。
自分が好きでしていることと割り切ればそれでいい。

…というような内容でした。
これは男女間に限ったことではないんだろうな。
先日読んだ本の中に女子の間で起こる「やきもち」の話があり
「私はこんなにしてあげているのに親友だと思ってもらえない」
という嫉妬心のようなものを持つ女性が最近多いのだとありました。
まるで小学生女子のようで情けないですが、確かによく聞く話でもあります。

愛情も友情も見返りを求めていて、返って来ないとまるで損をしたかのよう。
自分が与えた分以上の「何か」を返してもらいたいと願う気持ちの現れですね。
人のために与えるのではなく、自分のために与えていることに気づいていない。

子どものため…と思ってしていることも、結局は自分自身のためだったり。
これについては過去の自分自身にもおおいに思い当たることあり(笑)

「~してくれない」と思っていると損をするのは自分。
やきもきするだけ心を疲れさせます。
これを求めなくなると、絶対といっていいほど自分にいいことがかえってくるのに。

…私も子育て期には気づいていませんでした。

←励みになります、どうぞ応援のクリックを
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだか、とても気持ちがラクになる言葉ですね♪
そう思っていると、嫉妬やねたみや心の澱みみたいなものが
溜まらない気がしますね。
もちろん子育てにも言えることなんだけど、
「こうしてあげるといい子になるかも」とつい思っちゃう私。
反省です...。

Re: No title

rikaさま

見返りを期待しないって本当は難しいですよね。
でもその境地に達すると気持ちがすーっと楽になる。
自分の子どもに対しては一番難しいのかも。
無償の愛とか言うけど、ほんとにそう??
とかも思ってしまう私。
だからついつい力が入っちゃってました。

…でもいまは力が抜け切りました~~
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。