スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分をよく知る

ここ数日、自分に起こった出来事を通して痛感したこと。
何冊かの本を読んで、「やっぱり大事」と感じたこと。
メンタルヘルスの講座をリピートして改めて認識したこと。

それは「自分をよく知る」ということ。

自分をよく知って、自分のあるがままを受け入れることができる人は
軸があって、決してぶれない。
自分自身を受容できていれば、人を羨ましいとは思わないし
他の人がすることに対して、自分の姿を投影して否定したりしなくてすむ。

ぶれない人は格好いいから、やっぱり自分をよ~~く知っておかないとね。
…と先日友人と確認し合ったばかりです。

日経新聞のコラム「プロムナード」、何人かの著名人が書かれていますが、
私は木曜日の川上未映子さんの文章がとても好きで、
毎回のように切り抜いています。

先週は「ラズノグラーシエごっこ」という題名で書かれていました。
「ラズノ…って何??」とという感じですが、こんな意味らしいです。
謙遜ではなく、本当にそう思っていることとして
「私、頭悪いのよね」と発言したとして、それを聞いた相手から「本当にそうよね」
と言われたらムッとしませんか?
自分では認めていても、自分が言うのと他人が言うのでは決定的にズレが生じる。
この「ズレ」が「ラズノグラーシエ」
川上さんはこのラズノグラーシエごっこに夢中になったのだそう。

自分のコンプレックスを他人に話し、それを相手に言ってもらう。
ここで「ズレ」が生じない、つまりムッとしない時は、
そのコンプレックスを自分自身で乗り越えられているということ。
逆にムッとしたときは、自分がそんな自分を受容できていないということ。

自分で指摘されるとムッとしたり、落ち込みそうなキーワードがいくつかありました。
自分をもっとよく知れば、受容できるようになるのでしょうね。
まだ子どもの自分がいました

←励みになります、どうぞ応援のクリックを
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。