スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の丈暮らし

日経の夕刊で見つけました、「身の丈暮らし」

どんな人もモノに対する価値観に多少なりとも変化があったこの一ヶ月。
モノを持ちすぎていたことを自覚した人あり
品不足で不安に煽られたため、もっと備蓄しなくちゃ…と思った人あり
災害用に備蓄していたものが古くて使えなくなっていた人あり。

持ち物だけではなく生活そのものを見直した人もたくさんいらっしゃるでしょう。
持ち物を見直すと同時に、生活全般を見直す良い機会かも知れませんね。
家族で話し合う必要もありそうです。

…とここまで書いたところで、一緒にお仕事をする機会の多い
片付けホームティーチャー園田智恵さん←クリックのコメント発見。
             ↓
「モノが増えて収納しきれない」と相談を受けて依頼主の家に行ってみると
水などの保存用品が大量に積みあがっている。
品不足に心配を募らせたご主人がどんどん調達してきたのだとか。
「持ち物の適正量について夫婦で話をする必要がありそう」 by 智恵
同感です^^

この適正量…それぞれの家庭の状況によって違ってきますが
このひと月、部屋が備蓄でいっぱいになっているお宅も目にしました。
玄関が防災用品で溢れてしまって…というお客様もいました。
また缶詰など日持ちするものを箱買いする方も増えています。
品不足も解消しつつあり、徐々に備えている方も多いことでしょう。

ここで是非基準にして欲しいのは「自分で管理できる量であるか」

どんなに備えても自分で管理できていなければ役には立たないのです。
自分で抱えきれる量でなければ、
使用しなかったときにゴミになってしまうのです。
防災用品は「使わなくてすむこともある」と念頭に入れて
「どのような状況でどんなふうに使うのか」まで考える必要があるのです。



←励みになります、どうぞ応援のクリックを
スポンサーサイト

テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。