スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大丈夫よ」

「え??そんなこと?大丈夫よ~」

私が子どもの頃、よく母が口にしていた言葉です。
幼い頃心配性だった私が小さなことで「どうしようかな」と悩んでいると
いつも母はこう言って大きな声で笑いとばしてくれました。
こうしていつの間にか私は楽天的で立ち直りの早い女に成長しました。

十年来の友人は私より年上ですがとても心配性。
何かあると、このひとことを言ってもらいたかったと電話をかけてきます。

「大丈夫よ~」

どうも私の大袈裟な「なんでそんなことで悩むの??」的な言いっぷりが
安心できるのだそう。

ちいさなお子さんをお持ちのお母さんたちへ

幼い頃はすべての体験が初体験です。
実体験としての場数を踏んでいる大人にとっても未知の世界は怖いもの。
子供達にとってはすべてが未知の体験だから
あたりまえのことでも少々の恐怖感を持ちながら歩んでいることと思います。
今回の出来事は親にとっても未曾有の出来事で不安だらけだと思いますが
小さな子どもたちは大人についていくことしかできないのです。
自分達が不安になりすぎていたら、子ども達はもっと不安になるはず。
不安は必ず連鎖しますから。


だからできるだけ普通に、できるだけ笑顔で
未来は明るいのだということを伝えてあげて欲しいです。
「大丈夫よ」と言ってあげて欲しいです。

今は心配しても仕方ない!

被災地以外でのこの混乱ぶり。
被災地の方々が一枚のポテトチップを半分に分け合っているときに
一枚の毛布をお年寄りのためにと譲りあっているときに
自分の気持ちを鎮めるためにひとつの商品を取り合う人たちがいること。
不自由のない生活ができている私達にはもっとするべきことがあるはずです。
未来の大人たちに見せても、恥ずかしくない行動をとりたいですね。

いいですね、うえしま作戦←クリック


←励みになります、どうぞ応援のクリックを

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうだね、そうだね。

じ~んときました。私も米の蓄えがないことに気がついて昨日お米を購入しましたけれど、そうだったな~と思います。米の不足のなかで買い占めてしまったのではないかという後悔ではなくて、今まではいつも切れてからでもすぐにスーパーで買えていたありがたさや、震災地の人々の心の底から湧き上がる他人への思いやりを感じて。私も、動けなくなるまで、動けなくならないように年を取って死ぬまで何か仕事を続けたいと思います。ともに、頑張りましょう。

こんにちは!

かなしみのなかの楽天性。本当にお母様の「大丈夫よ」は宝物ですね。きっと被災地にもそんな「悲劇のなかでも楽天性」を発揮している方々がいいらっしゃるでしょうね。

震災前の記事で「すべては自分が持っている」も新鮮でした。綺麗な部屋への固定観念が自分をしばることってありますもんね。

今、自分が何にとらわれているのか。非常時にも、忘れずに自問したいなと思いました。

Re: そうだね、そうだね。

supervisualizerさま

コメントありがとうございます。

今まであたりまえだと思っていたことがあの日からそうではなくなりましたよね。
お米やトイレットペーパーがなくなれば当然買って来る。
電車は時間通りやってくるのが当然だと思っている。
電気をつければ点くのがあたりまえ。
どれもこんなにもありがたいことだったなんて…

被災地の方の笑顔やお互いを思いやる気持ちを私たちは無駄にしてはいけないですね。
ずっとずっと細く長く頑張りましょう^^

Re: こんにちは!

Carinaさま

こんなとき楽天的な親の姿を見ていたら子どもは安心するんでしょうね。
「せんたくかあちゃん」という福音館の絵本をご存知ですか??
私は子どもに対しては楽天的ではいられない心配性のお母さんだったので
「あ~こんなおかあさんでいてやりたかった…」と思ったものです。
親の不安は全部子どもに伝わってしまうのと一緒で、親が笑っていれば
「大したことじゃないのかも」と子どももきっと思いますよね。

普段意識していることはごくわずかで、無意識の部分がほとんどですからね。
とらわれていることに「フタ」をしがちなことに気付きました。
50年近く生きていてもできないことがいっぱいあるなぁ…という感じです^^

Re: ありがとうございます♪

カギコメさま

こちらでは昨日からトイレットペーパーを手に入れることができるようになりました。
でもガソリンスタンドは閉まっていますね。
家の娘と息子は花粉症。
特に息子はスギもヒノキもものすごい数値が出ているのでティッシュは欲しかった…
でもなければないでなんとかなる!なんとかする!
これこそ主婦の腕の見せ所です。

病院に行くのにガソリンがないのは困りますね。
避難所ではお互いが譲り合っているというのにね。
私達は「品格」を忘れないようにしようね^^
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。