スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説

先日芥川賞の発表がありましたね。
「朝吹」真理子さん…?
もしかしたら…と思ったら、やはりそうでした。
F.サガンの作品の翻訳家の朝吹登水子さんは大叔母に当たるそうですね。

高校生の頃夢中になって読んだのが「サガン」だった私は
朝吹さんの名前にはすごい懐かしさを感じます。
中学三年生のとき、サガンの「悲しみよこんにちは」を初めて手にとり
それから高校時代にかけて、サガンの作品をよく読みました。
今では「悲しみよ…」以外の内容はほとんど覚えていないのですが
「サガン」や「朝吹登水子」と聞くとあの頃のことを鮮明にを思い出します。
「物憂さや寂しさがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に
悲しみという名をつけようか私は迷う」
「悲しみよ…」は確かこんな書き出しだった…(寂しさ?があやしいけど)
この一行に引き込まれて一日で読んでしまったことを覚えています。
「どこがおもしろいのかよくわからない」
同世代の友人にはよくそう言われましたっけ…
確かに中学生が読む内容ではなかったかも(笑)

その時代に流行った音楽を耳にすると当時を思い出すように
いつ頃読んだ本かでその当時のことが頭をめぐります。
学生時代はよく読んでいた小説。
子育てが始まった頃から、実用本やエッセイしか読まなくなり
すっかり小説から遠ざかっていました。

朝吹さんの名前を目にして、久しぶりにいろいろな本が読みたくなりました。
ちゃんと老眼鏡をかけて読もう。
無理すると疲れるから…


←老眼がんばれ!のポチをどうぞ

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。