スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の準備

「一番不幸だった年齢は?」
ある学者が20万人もの男女を対象に行った調査で
最も多かったのは「49歳」という回答だった。
身体や心、人生の曲がり角に立って、あとは下るだけと気付いてしまうので
人生の後半をどう生きるか、心の準備がないひとは焦ってしまうのだと。


女性誌のエッセイでお馴染みの美容ジャーナリスト齊藤薫さんの書いた
記事の中でこんな記述を見つけました。

私がふむふむと頷いたのは「心の準備がないひと」のくだり。
38歳になった頃、体調が悪くなったことに加えて、肌や髪がボロボロになり
精神的にものすごいダメージを受けたことがありました。
その頃は自分がこの先どう生きるかどころか
自分が37歳なのか39歳なのかもわからなくなっていて
40代を迎える心の準備なんて考えたこともなかったのです。

心の準備がこれっぽっちもなかったので、実際に40歳を迎えたときは
あとは坂道をコロコロ転がっていくんだわ…
そう思って悲壮感に包まれていました。

ところが45歳を迎えたときは
「90歳まで生きるとしたら丁度折り返し地点、生まれたばっかりだ」
46歳のときは「まだ一歳だわ」48歳のときは「まだ幼稚園」
そんな考え方をしている自分がいました。
この先、どんなふうに生きたいのかを考えることがこんな変化を起こしてくれた。
今は「100歳まで生きるから再び折り返し地点」と図々しく思ってます。

女性は容姿の衰えに過敏になることも多いと思いますが
斉藤薫さん、こんな文章も書かれていました。

今は20代と50代が同じワンピースを着るかもしれない時代。
20代よりも美しく着る決め手は教養や分別でしかない。
だから…
     毎日の外出には「必ず知性を持って出かけること」


ん~心がけたい。


←どうぞ応援のポチを

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。