スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクメン

ここ何日かの収納作業で、小さなお子さんのいるお宅にお邪魔しました。
そこで感じたこと。

最近の若いパパ、皆さん子育てにすごい協力されていますね。感心しました。

我が家の子ども達が小さい頃は、
夫の仕事が忙しく、ほとんど育児に協力してもらえませんでした。
早朝出勤して、帰ってくるのは深夜という毎日。
赤ちゃんの頃のお風呂も、ひとりで裸で駆けずり回っていましたっけ…

長男の出産のときは転勤で地方に住んでいましたが、実家に帰らず出産。
陣痛が来た日、夫は中国に出張中、真夜中でした。
朝まで何とか我慢して車を自分で運転して入院。
退院する日に夫が出張から戻ってきましたが、疲れていた彼を
私のベットに寝かせていたら、診察に来た先生にとても驚かれ…

今思うと自分ではなく、主人が辛かっただろうなと思います。
一番かわいい時期に自分の子どもの寝顔しか見られない生活。
30代、一番の踏ん張りどころとすごく仕事に打ち込んでいたのでしょう。
今のように男の育児に寛容な社会環境でもありませんでした。

あの頃の仕事のストレスは相当なものであっただろうと思いますが
決してイライラすることのない穏やかな彼にどれだけ助けられたことか…
そう思うと十分子育てを助けてもらっていたのだと納得してしまいました。

現代も育児に協力的なイクメンばかりではないかもしれませんが
家族のために頑張ってくれているご主人達。
表現方法に違いはあれど、家族を思う気持ちは一緒のはずです。

見えないところで頑張っているご主人達にもっともっと感謝しましょう。
大切にしていると、自分のことも大切にしてもらえます。


スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

共感です

我が家もsoujifujinさま宅と同じく、出産前後も子育て中も主人が多忙な毎日でした。でも忙しくても穏やかに接してくれたことで助けられました。その分、私はご近所さんや沢山の方から親切にしていただいて助けられました。子供は大きくなっても今現在も助けていただいてますが・・・感謝です。育児に参加って色々な形がありますよね!
やはり、人から愛情を頂いたら、自分も多くの人に愛情を注がないと・・・ですね♪

No title

こんにちは
ハッと致しました!
私達の世代は、育児に夫が直接参加、という時代ではなかったので、
いま、友人とのおしゃべりの中で、
「夫は何もしてくれなかったわ」
「泣きやまない子供をバギーに乗せて社宅の周りを私は夜中に歩いたわ」と言っていました。
でも確かに夫はとても穏やかで、いつも笑顔でしたね。
私が社宅でお菓子教室を始めた時には
二人の子供を連れだして、お外で遊ばせてくれたりしていました。
それを忘れて、もっと赤ちゃんの時の事ばかり思い出していました。
今も夫は協力的です。
子供達は父親が大好きですね。
きっと子供達の方がそういうことを私より覚えているのかもしれませんね。
ありがとうございました。

Re: 共感です

きりまろさま

きりまろさん家も「穏やか系」でしたね(笑)
決して大きな声を出さない主人に今でも癒されています。

私もご近所さんには本当にお世話になりました。
みんなで助け合って子どもを大きくした…そんな感じです。
その頃からの友人は子どもがいくつになっても、
近所のおばちゃんの心を忘れないでいてくれます。
本当にありがたいことです、感謝感謝。

Re: No title

Hulaさま

若い世代の子育てを見ていると自分達の頃とは違いますよね。
お父さんの育児参加があたりまえになっています。
赤ちゃんの頃「何で私ばっかり大変な思いをするんだろ」と
勝手に思っていましたが、会社で大変な思いをしている夫に
もっと感謝すべきでした。
この歳になってやっとわかったこと…たくさんありますね。
何もしてくれなかった…ということは決してないです。
こんなに支えてもらって、ここまでこられたことに感謝です。

こんにちは☆

うん、やっぱり。
やっぱりsoujifujinさまの旦那様も素敵な方なんですね!
やっぱり、やっぱり!
納得するしかないです!!
soujifujin様が素敵で、旦那様も素敵で
そしてお互い素敵を支えあって・・・
きっと素敵な家庭なんだろうな☆
でもsoujifujinさんは自然体なんですよね。
無理してることもなく、頑張りすぎてもいない。
それがブログからとっても伝わってきて
さらにいつもいつも凄いな~と感じます☆

これからもずっとそんな素敵なsoujifujin様でいてくださいね♪♪♪

No title

きっとsoujifujinさんが子育て真っ最中の頃は
世の中のパパはみんなそんな感じだったんでしょうね。
時代も勢いがあって...。
でも仕事を頑張っているご主人を思いやっている
soujifujinさんも素敵です♪
だからご主人も頑張れたのかな。

夫も平日は子供の寝顔しか見れないので
土日は全力で子供と向き合うって言ってました。
私も夫に感謝しなければ。

Re: こんにちは☆

cocoroさま

cocoroちゃん、素敵なコメントありがとうございます。

主人と付き合い始めて30年が経ちましたが、私は今でも彼が大好きです。
穏やかな彼にすっぽりと包まれて、気の強かった私はまぁるくなりました。
若い頃頑張りすぎていた私を変えたのも主人です。
今ではふたりともちょっと気を緩めすぎです(笑)
お互いちっとも「素敵」ではありませんが、ずっと支えあっていきたいです。

突っ走ることはできないので、
ゆっくりと自分の道を歩いていこうと思います。
いつも応援ありがとうe-266

Re: No title

rikaさま

今だからこそいえるのかも知れませんね。
でもあの頃の仕事の過酷さは忘れられません。
土曜日に休んでいることはまずなかったし
日曜日も家で仕事をしてました。

野球をやっていた彼が息子とキャッチボールをしたのは一度きり。
余裕ができた頃には子ども達、大きくなってました(泣)

その頃は感謝の気持ちも持てないでいたと思います。
だから、これからもっともっと恩返します!
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。