スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の知らない日本語

いまさらですが…やっと読みました。

日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る


前から気になっていたのですが、二巻とも手に入れて家族全員で読みました。
純粋におもしろかったです。

日本語学校の先生が書いたということで、外国人の生徒の言動が実にリアル。
任侠好きのフランス人マダムは映画で覚えた任侠用語を使って先生を困らせますが
「ピカイチ」もこの類だったとは知りませんでした。
お店で「とりあえず全部」買ってしまいそうになるアラブ首長国連邦の男性や
黒澤映画ファンのスウェーデン人、三国志を知らない中国人、猫缶を食べていた人
などなどが登場しなかなか笑えます。

とても優秀なイギリス人男性が
「御目文字叶う日を楽しみにしております。先生もお疲れのでませんように」と
日本人でもなかなか出てこない言葉を使っていましたが
この「お疲れのでませんように」…
以前にとても品のある女性が使っていて美しい言葉だなぁと思っていました。
この本の中で日本人の職員さんが目上の先生に対して「がんばってください」
と言ってしまうのですが、「頑張れ」は目下の人を励ます言葉であって
本来目上の人に対しては使いませんよね。
こんなとき頑張っての代わりに使うのが「お疲れのでませんように」なんですね。
咄嗟にでてこない言葉は意識して使いたいものです。

50代に近づいている自分は「品のある言葉」を使えているのでしょうか。
正しい日本語、美しい日本語をもっと意識して使わないといけませんね。
外国人の学生さんたちにたくさんのことを教えてもらいました。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても興味深い本ですね!
読んでみたいです!
知りませんでした☆

『お疲れのでませんように』
本当に意識しないとでないセリフですね。
是非覚えたいです!
頑張ってくださいと同等な意味になるのですよね?

日本語は奥が深いな、また実感しました!!
本は是非手に入れたいです!!

Re: No title

cocoroさま

これ、漫画なんですよ。
あっという間に読めますが、結構楽しめます。

目上の人には「ご苦労様」ではなく「お疲れ様」と言うように
「頑張ってください」ではなく「お疲れの出ませんように」なのだそうです。

日本語、特に敬語って難しいですね。
さすがにこの歳になると、気をつけないと恥ずかしいですから
もっと勉強しないといけませんね^^
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。