スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親を教育?

少し前に息子の学校から「懇談会のお知らせ」が届きました。
「えーっ、大學にも懇談会ってあるんだ」とちょっと驚きでした。

私達の時代にそんなのあったっけ?
そういえば入学式だって学生だけ出席するのがあたりまえでしたよね?
でも今は両親揃って出席するのも珍しくありません。
男子学生が両親と一緒に電車に乗っているのもたくさん見かけました。
(うちは恥ずかしくて別々に行きましたけど)

…で、懇談会の出欠のはがきを書かなくちゃと思っていたら
今朝の新聞でこんな記事に遭遇しました。

「実は親を教育したい」
ん???

今は8割強の大學が懇談会を開いているそうで、7,8年前から始まったようです。
学校側は「学生に関する情報が欲しい」とする一方で
実は「親を教育したい」という思いもあるのだとか。

学生の代わりに履修登録をする親。
授業中の私語を注意されたことに抗議してくる親。
課題のレポートを代わりに書いてやる親。
(この親は専門課程に入ってついていけなくなって、教員に泣きついたらしい)

「気に入らない就職先なら働かなくていい、養ってあげるから」という親までも…

親自身が自立を妨げていることに気付いて欲しいという教員の願い。
間違った親の出番を軌道修正するための保護者会…でもあるらしいです。

こういう記事を目にすると、そんなはずはないでしょう…
と思われるかもしれませんが、実際身近で起こっていることでもあるのです。

少し前の記事には履修登録の仕方がわからない女子学生が
先生にも周りの友人にも自分から聞くことができず
一ヶ月で退学してしまった…とありました。

自分は困った親になっていないかな?
うちの子は困った学生やってないかな?
我が身を振り返って確認しておかなければ…

スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先週、中学校で参観日がありました。
廊下でペチャクチャあっちで、こっちで、保護者のおしゃべりが
うるさくて、授業に支障をきたすほどだったと・・・。
「授業中です。お静かにお願いします」と
親に注意しなければならないこの状態。
情けないことですね。

Re: No title

すみれの気まぐれさま

小学校でも中学校でもよくある光景ですよね。
授業参観なのに何しに来てるのかすっかり忘れちゃってる…
恥ずかしいし、情けない。
先生も親に注意することのストレスは大変なものでしょうね。
時々我が身を振り返って「常識のある親」でいたいです。

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。