スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさんの悩み

ある教育雑誌で「お母さんのお悩み相談室」を長年されている先生が
こんなことをおっしゃっていました。

悩みを相談してくる母親は「私は子どものことを一番に考えているのに…」
と言うのが共通点。
自分の思い通りにしたいという支配欲をもっていないと
こんな言葉は出てはこないはず。


ん~子どものことを考えてやっているつもりでも
どこかで思い通りにしようという心が働いているのでしょうか?
案外気付かないものです。

また、親が子どものことで悩んでいる時は
もうすでに自分自身の悩みに変わっているのだともおっしゃっていました。
よ~く考えると確かにそうなのかもしれません。
思い通りにいかないイライラは親自身の問題ですからね。
耳が痛いです。

子どもを大事にするあまり親が用意する「転ばぬ先の杖」は
本当に子どもにとって必要ですか?
最近の親は目の前の石ころをみんな払いのけてしまう 
…とも。

そうですね、それは親自身が安心したいが為のものです。

能動的なことではなく、子どもを尊重する気持ちが何よりですね。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

転ばさない心配より、こけ方(転んだ時に骨折したんじゃ~なにもなりません)&転んだ時の傷の手当て・・・(原因究明&対策)を考えさせる。
事をこころがけました。

次男など、中一の夏休みの宿題 数学の問題集1冊 し忘れていて・・・大変だったらしく。それからは、計画を立て、余裕を持たせて何でもしています。・・・切羽詰まらないとしない親としては、すごい!!ヤツです。まねできません。

Re: No title

ここあたんさま

くくく…焦ったでしょうね、問題集のし忘れ。

計画を立てるのも、余裕を持たせるのも立派!!
一度失敗をして、自分で学んだんですね~
素晴らしいことです。

転んでも立ち上がれない子がいっぱいいます。
何度転んでもいいから、そのたびに立ち直る術を学んでおくことは大事ですよね。
それを考えさせることを心がけているお母さんも素敵です^^
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。