スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手の気持ち

子どもの考えていることがわからないときは
プロのカウンセラーの技術を参考にするといいそうです。

当たり前ですが、親は子どもより長く生きているために
自分の価値観を押し付けてしまいがち。
「どうしてこんなふうに思うのか…」というところまでは
なかなか理解しようとはしませんよね、特に私。

カウンセラーが自分の気持ちで相談者の話にのめりこんでしまうと
共感しているようで、共感していないことになってしまう。
共感というのは相手の気持ちで話を聞くことであって
自分の感情で聞いてしまうと、相手の気持ちからずれてしまうからです。

基本は相手が中心。
自分がどう思うかではなく、相手がどう思うか。


おじさんまっしぐらの娘は捨てっぷりは結構潔いのですが
どこに何があるのかわからないような部屋に暮らしております。
(本人にはわかっているみたいです)
私には理解不能で、ついつい文句を言ってしまいます。
自分の価値観をおしつけていますね、わたし。

「お母さんは、片付けられない人の気持ちをわかってあげることが仕事でしょ」
姉を気遣った息子から言われたひとこと。

そうでしたね。

自分がどう思うかではなく、本人がどう思うか。
肝に銘じておきます。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。