スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの心

「ポケモンのゲームがみつかりますように」

写真の字がわかりにくいですが、息子が小学校一年生のときのもの。
七夕の短冊です。

              

これは単に「思い出」としてとっておいたものではなく、
自分への戒めのためにずっとおいてあったものです。

サンタさんに頼んだポケモンのゲーム機をある日公園でなくしてしまった息子。
相当ショックを受けたはずですが、私がそのことを知ったのは随分後になってからでした。
私に怒られると思って言えなかったようです。

このとき私のショックも相当なものでした。
こんなに大事なものをなくしたのに言い出せなかった…
私の接し方に問題があったのだと反省しきりでした。

ただその後けろっとしていたので
なくしたこと自体そんなにショックではなかったのかな…
子どもは興味がどんどん違うものへと移って行くもので
なくしたこともすぐに忘れてしまうのかな…と思っていました。

ところが何ヶ月も経ってからでてきたこの短冊。
実は小さな心をひとりで痛めていたのかと思ったら、母親として情けなくなりました。

小さな失敗を責めるような怒り方を度々していた自分を深く反省した出来事でした。

困ったとき辛いときには親に素直に助けを求められること。
それが子どもにとっては自然なことなんですよね。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!
チラチラと伺いながら、コメント残したい!
と思いながらも、なかなか時間が取れず今日まで・・・
でも、今日は残さずにはいられません。
呼んでいて涙出そうです。
きっとこういう事、子供ながらに小さい体で消化しようと
頑張っている事、我が子にもあるんだろうな。
いつでもどかっと受け止めてあげられる母を目指します。
またまた反省とともにとえも考えさせられました。
ありがとうございました。

Re: No title

NAOさま

子どもが大きくなってから気付いたこと、いっぱいあります。
今思うとホントに小さな身体、小さな心で抱えてたんだと
せつなくて仕方ありません。
子育て以上に大事な物なんてないのかもしれません。
時間は戻せないですからね~

後悔ばかり残ることもありますが、これからは
精一杯生きる自分の姿を見せないといけないと思ってます。
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。