スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノ」へのこだわり

男女の考え方が脳の違いから来るものだと言われ始めてから
「なるほど」と思うことがいくつもあります。

収納のお仕事で伺うお宅でよく耳にする
「主人がモノを捨てられなくて困っています」

生まれたときからの特徴として
男性は「モノ」にこだわり、女性は「人」にこだわるのだそう。
赤ちゃんのときも男の子は「もの」をじっと見つめ
女の子は「ひと」をじっと見つめる傾向が強いのだとか。

俗に言うこだわりを持つ「コレクター」は男性に多いのも確かですね。
だからものを捨てるときにも抵抗があるのかもしれません。
それと男性は女性より「失敗する」ことが嫌いだそうで
一度所有したものを手放すことに負けを感じることも要因なのかも…

女性の所有欲は他人の目を意識することにこだわりがあって
本来モノに対してはさほど執着がないような気がしますが
男性は「所有していること」自体にこだわりがあるんですね。

でも理論的に何故捨てなければならないかをお話しすると
キッパリと捨てられるようになるのは男性です。
女性には「スッキリした室内にいる自分」を思い浮かべてもらい
男性には「無駄のない動きによる時間の効率性」を考えてもらう。
モノではなく「他で勝る部分を得られる」ということをわかってもらえたら
納得できるのでは?と思います。

ご主人に「捨ててもらいたい」と思ったら、モノを手放すことで
他にもっと優れたものを所有できることを話してみるといいかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男女の思考の違いが よく分かりました。

この事を踏まえて、講座などに生かせたらいいなぁ。e-68

Re: No title

marilynさま>

男女の脳の違いは、知れば知るほどおもしろくて
もっといろいろな本を読んでみたいと思っています。
これを理解していると夫婦喧嘩も起きないとか…

講座でも「なるほど」と感心するポイントが違うんでしょうね。
プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。