スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使わないものをしまい込む

「日本の主婦にはプライドがないのですか?」
ある日本人の家庭に招かれたイギリス人男性がこう言ったそうです。

決してひどく散らかった家ではありません。
きちんと整頓され掃除もされています。
ただ広い家ではないので、モノがあちこちに出しっぱなしです。
ティッシュの箱がむき出しで置いてあったり、読みかけの新聞が出ていたり
お菓子の箱がテーブルの上に出ていたり、冷蔵庫に学校のお知らせが貼ってあったり。
これ日本ではごくごく一般的な家庭の風景です。
これを見て「プライドがないのか」という辛辣な台詞を投げかけるイギリス人。

日本は家が狭いから、しまう場所がなくてモノが出しっぱなしになっている。
家が広い外国では収納も沢山あって、モノをしまっておけるから何も出ていない。
長い間そんなふうに思い込んでいました。
でもそうではないんですよね。

日本人って使っているモノを出しっぱなしにしませんか?
しまう場所がないんです。
なぜなら、収納するための場所には使っていないモノをしまい込んでいるから
使っていないものが占領しているために、使っているものの収納場所はどこにもありません。
例えば引き出物の食器が箱のまま入れてあったり、着ない服がしまいこんであったり。

イギリス人やドイツ人は合理的ですから、最初から使わないものは
買いません、もらいません、持ちません!
使わないものをしまっていないので、使っているモノを使い終わるたびにしまえるのです。
収納場所に何もなければ億劫にならずスグしまえますからね。

使っていないものをしまいこむ心理。
合理的な考え方をすると、これほど無駄なことはないですね。
使っていないものを排出することで、使っているモノを整えて収納できる。
使っているモノを収納することで、暮らしに対する美意識が高まる。
美意識が高まると、使っていないものをしまいこむことはなくなるのでしょうね。

買いません、貰いません、持ちません。
徹底していかなければ…わたし。(ほんとはまだまだ


スポンサーサイト

テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soujifujin

Author:soujifujin
掃除、お片づけ、整理収納の仕事に従事する、人呼んで「掃除婦人」
お掃除、収納代行、ハウスキーピングの現場に入った時間は10,000時間!
2008年整理収納アドバイザー1級・同コンサルタント・同2級認定講師資格を取得
日本収納検定協会収育士 収納クリエイター
決して怒らない穏やかな夫、お転婆パピヨン♀12才と暮らしています。

wreathclock
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。